1.チーム方針

 中学生という貴重な成長期の生活環境は自己管理能力を大きく育てる好機の機会です。
自己を確立する為の準備段階の中で、土・日・祝祭日といった限られた時間を有効に使い、多くのことを「見て」「聞いて」「触れて」選手の自覚とやる気を引き出す取り組みを行っています。
 けっして、3年間だけで結果を出すことだけを求めるのでなく、自分の可能性を信じ挑戦出来る前向きな姿勢が育つよう心がけて指導を行っています。
 野球の指導に関して、経験豊富な指導者と熱血漢あふれる指導者によって、子供達の能力を出来る限り向上させるお手伝いをし、健全な青少年育成を第一に考えて活動を続けています。また、野球だけでなく、団体生活における人間関係や、礼儀の正しさを厳しく指導を行っています。
 

 2.名古屋東リトルシニアが強いチームになるための十か条

 一、すべてに感謝
 二、挨拶返事はハッキリ大きく
 三、常に準備を怠るな
 四、常に上を目指せ
 五、常に工夫しよう
 六、試合では「技術1割、気持ち9割」
 七、積極的に自分をアピール
 八、自信と過信の違いを覚える
 九、失敗しても次につなげる
 十、練習は嘘をつかない

 

 3.練習場所

  【練習グランド】
菊華高校野球場、同朋高校グランド、愛知県立大学野球場、森林公園野球場、藤岡総合グランド、毘森公園野球場などで練習を行っています。
 

4.選手の進路(過去5年間抜粋)

 【愛知県】
 ・中京大学付属中京高等学校 ・菊華高等学校 ・享栄高等学校 ・名経大市邨高等学校
 ・栄徳高等学校 ・愛知黎明高等学校 ・同朋高等学校 ・愛知産業大学三河高等学校  

 ・中部第一高等学校 ・旭丘高等学校 ・明和高等学校 ・千種高等学校

 ・名東高等学校 ・三好高等学校 など

  【県外】

​ ​・九州国際大学付属高等学校 ・いなべ総合学園高校 ・沖縄水産高校 など

                                                        (順不同)