リトルシニアとは
 リトル・リーグに対して「先輩リーグ」としてあるのがリトルシニアで、野球を愛好する中学生に対して、野球を正しく指導し、その体力向上とスポーツ精神を養い、チームワークを通して団体生活の協調を知り、判断力を高め、青少年同士の交歓の場を与え、友情を向上させるために組織された国際的なスポーツ団体です。
 
リトルシニアの誕生と発足について
 世界の少年たちにとって野球はもっとも盛んなスポーツであり、日本はアメリカについで二番目に野球の好きな子供の多い国です。特に、リトルリーグと高校野球は大変盛んで日本の少年たちの夢でもあります。
 その中間にある中学生の硬式野球は、終戦後リトル卒業生からの強い希望にも動かされて中学生を対象としたリトルシニア・リーグが結成され、春秋は各連盟の大会、夏には日本選手権、秋の東西オールスター戦を行うことを決めて発足しました。
 さらに、このリーグは、ハワイ遠征をはじめ、アメリカチームを招いての日本親善試合を行い、日本から世界に伸びるリーグと言われています。